社労士試験に122日で合格する勉強法 獅子原孝蔵 レビュー

このサイトは、社会保険労務士・獅子原孝蔵さんの「社会保険労務士(社労士)試験に122日で合格する勉強法」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。

社労士試験に122日で合格する勉強法 獅子原孝蔵 レビュー



詳細はこちらをクリック


たった1冊の問題集で社労士試験に短期合格できます。


社労士試験は合格率7〜8%の超難関試験で、合格までに数年かかるのが普通です。ところが、ここに122日で合格できた勉強法があるのです。


もちろん、本人の能力がスーパー級に凄いので短期合格できたのではありません。極めて要領の良い勉強法を実践したから、たった122日で合格できたのです。


何が要領が良かったのかと言うと、参考書を使わなかったことです。受験対策に用いたのはたった1冊の問題集だけです。


社労士試験の典型的な勉強法は、まじめに参考書の初めから理解&記憶をしていくというものでしょう。重要と思われるところにはアンダーラインを引いて覚えます。


しかし、このやり方は勉強した気分にはなれるのですが、その割りに要領が悪い勉強方法なのです。その理由は、


■ 参考書の終わりまで勉強した時には初めの方はすっかり忘れている
■ 社労士試験に出ないところまで大量に勉強している


ということです。


実は、参考書には社労士試験にでない事項がたくさん書かれているのです。ですから、参考書を初めから律儀に勉強する事はとても効率が悪いのです。


そもそも、社労士試験に合格するために満点は要りません。約6割程度正解できれば受かります。滅多に出ないような単元は、初めから捨ててしまえばよいのです。


社労士試験に短期合格したければ、必ず出題される単元から制覇していって、できるだけ早く「6割正解」を確保する事です。


その具体的な方法については、「社会保険労務士(社労士)試験に122日で合格する勉強法」というマニュアルで公開されています。


マニュアルでは、使用する問題集の選び方や勉強の画期的なスケジュール方法、挫折しないための工夫、各科目ごとの重要ポイントなどが解説されています。


実は、1冊だけ使用するという問題集は何でもよいわけではありません。ここを間違えると短期合格が難しくなってしまいます。ぜひ、正しく選んでください。


ところで、このマニュアルで説明されている勉強法は、社労士試験以外の資格試験に適用できる部分が多くあります。資格試験に合格するための勉強のコツは共通しているのです。


よく、難関の資格を複数持っている人がいますよね。その人は資格試験の勉強のコツを心得ているのです。


「社会保険労務士(社労士)試験に122日で合格する勉強法」のノウハウを知れば、あなたにもそんな事ができてしまうかもしれません。資格試験は頭の良し悪しよりも、勉強のコツが大きく効くのです。



詳細はこちらをクリック





このサイトは、社会保険労務士・獅子原孝蔵さんの「社会保険労務士(社労士)試験に122日で合格する勉強法」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。




「合格の方程式」 宇都出雅巳・篠田秀美 レビュー


姜先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法 レビュー


「パク・ナヨンの韓国語速習プログラム」 内容と効果


社労士試験に122日で合格する勉強法 獅子原孝蔵 レビュー 効果 感想